ソチ2014・第22回オリンピック冬季大会
     伊丹市出身アスリート上村愛子選手を応援しました。

H26.8.24  上村愛子さんが、伊丹大使に任命される。
伊丹市では文化、芸術、スポーツなどの各分野でご活躍されている伊丹にゆかりの深い著名人の方で、伊丹に愛着があり、伊丹の応援団となる熱意のある方に、「伊丹大使」をお願いしています。
 伊丹市の魅力を広くPRする「伊丹大使」に就任する伊丹大使にはこれまで、米大リーグ・ヤンキースの田中将大投手(25)らが就任しており、彼女で18人目となります。
(写真は藤原市長のFBより引用。)


H26.8.2 お盆には少し早いですが、愛子選手が母親とともに鴻池へお忍びで里帰り。
 墓参をすませてから、鴻池神社でいつも応援会では総出で声援をいただいている鴻池地車保存会の皆さんと記念写真。地車保存会会長からハッピを贈られました。
 長野からお母さんと運転を交代しながら鴻池までドライブ。いつでも地元鴻池の皆さんは歓迎します。 
       

 H26.4.30 伊丹市から上村愛子選手へ市民栄誉賞が贈られる。
 上村愛子選手は当日11:30に伊丹市役所を訪問。市民栄誉賞が市長から贈られました。贈呈式会場にはこれまでに応援会を開催してきた地元関係者も列席し多くの報道陣が取材する中で行われました。            H.26.5.30 追記 
                              6月1日付伊丹市広報
   
 
午後からは、あわただしいスケジュールでありましたが、伯父宅を訪問し、途中墓参するなどプライベートな時間をすごされました。
 そして午後3時からは地元鴻池センターで受賞祝賀会が開催され場内は満席で熱気が漲る中、やはり清酒発祥の地・伊丹市鴻池ならではの清酒で乾杯。
 これまでにも応援会でお世話になったFMいたみ局の岸本アナウンサーの上手な進行でなごやかなムードで祝賀会が進められ、これまでの地元応援会の報告を聞き、また当日参加してこられた地元鴻池の皆さんにとって、リアルに上村選手に質問ができる機会が持てるなど大いに盛り上がりました。
 最後に参加者全員の記念写真を撮ってお開きになりました。

 こんな盛り上がりの中、終始誠実に質問に応対される上村選手は、東京へ帰る予定の時間を延ばしていただきました。

 スキーウエアを着ずに実際に見るスマートな彼女を見ると、こんな体であのダイナミックな滑りのパワーはどこから出るのかと本当に不思議に思います。
 モーグル競技での高いコブを滑り降りる秘訣として、40cm程度の高さの谷を狙って滑り降りる秘訣など興味ある話も聞けました。 また小さい頃の鴻池の思い出は周辺の池でザリガニつりをしたことなど、昔ののどかな情景の話が出ていました。あっという間の1時間でした。
 長野大会以降地元での応援会を通じで夢と感動と元気をいただいてきました。 これからも上村愛子選手の活躍を期待し応援していきたいと思います。

 鴻池センターでの祝賀会での記念写真です。
   -写真をクリックすれば拡大表示します。
 サイズ3.08MB(3110x2074)
 ファイル名 Aiko_01.jpg
  サイズ3.31MB(3110x2074)
 ファイル名 Aiko_02.jpg
  -カラープリンターで印刷するかUSBメモリーに上記の写真をコピー(ダウンロード)して
   写真店で印刷注文してください。

      
・またはA4サイズのPDFファイルの入手は(Aiko_01.pdf Aiko_02.pdf をクリックしてください。)

   
  
 今回の受賞祝賀会の企画・運営・当日の準備にご協力いただいた鴻池ファミリー会、鴻池商工会の皆さん他コア・メンバーと愛子選手との記念写真。(お世話になりました。)

  
伊丹市広報課提供

 11:35伊丹市役所到着  市民栄誉賞の授与 1Fロビーにつめかけた人々
 授与後の取材  鴻池センターでの祝賀会  いつも笑顔で鴻池を後に
*JOC(日本オリンピック委員会)のページ
H.26.4.24
  伊丹市から伊丹市民栄誉賞が4月30日に贈られることが発表されました。
 上村愛子選手は伊丹市役所で市民栄誉賞を受賞後、長野大会以来、これまでに応援会会場となってきた出身地の市内鴻池にある共同利用施設「鴻池センター」で市民栄誉賞受賞祝賀会が同日午後3:00から予定されています。
(4/24産経新聞阪神版)
 
ブロッグなどでは、市民栄誉賞を伊丹市民でない彼女が何故受賞するのか。という感想の書きこみもありますが、市の市民表彰規定では伊丹市にゆかりがある者が対象であり問題ありません。
 ・市民表彰規定(リンク)      ・伊丹市名誉市民条例(リンク)

 H.26.3.30 長野県が長野県栄誉賞を授与
モーグルに5大会連続で五輪に出場し、優勝した27日の全日本選手権(長野・白馬村)を最後に現役を引退した上村愛子(34)=北野建設=は28日に長野県庁を訪れ、阿部守一知事(53)からスポーツ特別栄誉賞を授与された。五輪5大会連続入賞の功績をたたえられたもので、「オリンピックでメダルを取られた方が受賞されていた賞。光栄です」と話した。   (右の記事はH26.3.30信濃毎日より。)




 H.26.3.4
伊丹市はソチオリンピックで活躍したモーグル競技の上村愛子選手に市民栄誉賞を贈ることを決定した。
 
  ソチ五輪:上村愛子選手に市民栄誉賞 出身地の伊丹
  (毎日新聞2014年03月04日)

兵庫県伊丹市は4日、ソチ冬季五輪フリースタイルスキー女子モーグルで4位だった 上村愛子選手(34)に、市民栄誉賞を贈ると発表した。今後、日程を調整して表彰式を開く。

  上村選手は2歳まで伊丹市に在住。長野五輪から5大会連続で入賞し、冬季五輪競技での日本人最多記録を更新した。 市は「5大会連続入賞と勇敢な滑りで、伊丹市民に希望と活力を与えた」と説明している。
  市によると、市民栄誉賞は、昨年プロ野球の最多連勝記録を更新した米大リーグ・ヤンキースの田中将大投手(25)らに続いて3人目。(共同)


 
    惜しかったですね。今回も決勝戦に残りメダルまであとわずかの4位入賞となりました。
  厳寒の深夜にかかわらず応援ありがとうございました。
  今回上村選手はすでに予選1回目で決勝戦に進んでいますが、全国的に大雪に見舞われた2月8日に開催致しました。。
 応援会は午後11:00の予選第2回目から行うこととし、予選前の練習で怪我をして棄権することとなった伊藤選手を除いて日本代表選手2名(村田・星野選手)の出場が予定されており、午後10:00開場10:30に開会式を行い予選の鑑賞から日本の代表選手を応援することになりました。
   今回もNHK神戸放送局のご協力をいただきプロジェクターを使った大スクリーンも事前に設置され準備万端で場内では応援垂れ幕、横断幕も掲げられ、すでにオリンピック特組も流れて開会前から盛り上がっていました。 予選はすでに6日の1回目で上村選手はクリアーしていますので、まずは他の他の日本代表選手の応援をしました。
          (第1回目の決勝通過を喜ぶ愛子選手の伯父上村精一夫妻と地元応援者の笑顔。-クリック拡大)

 そして、予選終了後、午前3:00からの決勝戦までに時間があり、とりあえず一時解散。
この間に多くの報道陣から愛子選手の伯父の上村精一氏がンタビューを受けました。
場内は予選終了後も熱気に包まれて決勝戦を待ちました。嬉しいことにこんな深夜にもご来賓の
みなさんも再度来られました。今回は鴻池商工会から必勝ハチマキまで用意いただき全員気合
十分で決勝観戦に望みました。
 ・決勝3回目のスーパーファイナル
         
   ・女子モーグル・上村愛子 なぜ4位?3位カーニーとの差は何?(Youtube)  
 

   ついに今回も惜しくもメダル獲得はなりませんでしたが、彼女の持味を活かしたすばらしい滑り
  に大いに感動しました。お疲れ様でした。
   欲しかったメダルに届かなかったにもかかわらず、笑顔を見せた上村選手。最初のオリンピッ
  クから16年、彼女にとって今回で5回目のオリンピックとなった大会で前回同様の4位結果となり
  ましたが、今回の「自分らしい滑りがちゃんとできたと思います」という彼女の試合終了後のコメン
  トは大きな目標に向かってあきらめずに挑戦を続けた結果日本選手団4名中ただひとり最終の
  スーバーファイナルに進み最後まで果敢な滑りを見せてくれました。
   ほんとうに「すがすがしい想い」で全力を出し切った満足感があったのでしょう。お疲れ様でした。
  深夜にもかかわらず前日10時から翌朝4:30まで、延べ約100名の方が応援にきていただいたみなさんは愛子ちゃんの大活躍に元気をもらいました。
  これまでに地元応援会を開催して今回で5回目となりましたが、上村愛子選手の出身地伊丹市鴻池の皆さんと心を一つにして応援する機会がもてましたことを嬉しく思います。

上村愛子選手関連の新聞各紙報道記事スクラップ(PDF-2.2MB)
     ・伊丹市広報紙より。

 
モーグル女子競技最終結果
   
 日本選手団の結果
  
スーバーファイナル6名の3位選手との比較
  
   -女子モーグル競技代表選手として5度目の出場決定ー
 
 今年2014年はロシアの黒海に面した町ソチで2月7日から冬季オリンピック大会が開催されます。
 伊丹市出身のモーグル選手といえば上村愛子選手です。
  彼女は1998年の長野オリンピックに高校3年生の時にモーグル競技に初出場。今回で5度目のオリ ンピック出場となります。
  長野大会では初出場ながら堂々の7位に入賞しました。またこの大会で、モーグル競技(女子)の里谷多英選手が大健闘し、日本女子で初の金メダルに輝きました。
 彼女はこれまでオリンピック出場毎に順位を上げており前回2010年のバンクーバー大会では惜しくも4位となり メダルまであと1歩の結果でした。
 今度こそはメダリストになりますよう心から応援をしたいと思います。
 
 なお今回のソチ大会では、まず30名の出場選手から2月6日予選で上位の10名が選ばれ決勝への出場権を得ます。 そして2月8日に残りの20名の予戦から10名が選ばれます。そして20名が決勝戦に進みます。決勝戦では1回目に12名が選ばれ最終的に6名で勝敗が決まります。 
 
速報! 2月6日第1回目の予選で上村愛子選手は7位で決勝戦へ!  
  2月6日に行われた第1回目の予選では30名の出場登録選手のうち26名が出場しました。
 日本選手団は3名が出場。まずは上村選手が決勝へ進みました。
  予選での上村選手の成績は1位との総得点差でわずか2.04点。スピード得点だけをみれば
 2位となる好成績。2月8日の決勝戦いで持てる力を存分に発揮してほしいものです。
         
 (PDF) 第1回目予選結果。  
  フリースタイル女子モーグル日本代表選手
 には4名(上村愛子、伊藤みき、村田愛里
 咲、星野純子
)が選ばれました。

   ・1月20日 上村愛子、5大会連続で五輪へソチ代表 日経新聞。(リンク)   
<<日刊スポーツ・ソチ五輪特集ページより。>>
2月1日 上村愛子手応え十分「滑り楽しむ」
2月1日 上村、伊藤ら日本選手団本隊ソチ入り
2月2日 上村愛子らソチ到着「全力で滑ります」
2月2日 愛子流調整”で悲願のメダル獲得へ
2月3日 モーグル上村愛子、伊藤みきらが初練習
2月4日 上村愛子の難敵カーニー「すべて順調」

2月5日 上村愛子「いい準備できた」 最後の五輪でメダルなるか(JOC 共同)
  
               
    ・伊丹市役所正面入口に掲げ       ・地元伊丹市鴻池に掲げ
     られた上村愛子選手への応援幕。    られた応援幕。
 
  フリースタイルル(女子モーグル競技)現地時間8日18:00~
    テレビ中継放映時間(日本時間) 2月8日23:00予選。 9日3:00決勝。
         ・日本オリンピック委員会のページ(リンク)

         ・Sochi 2014 Olympics      ・上村愛子オフィシャルブロッグ

 今回のオリンピック全競技はgorin.jpから動画配信されています。
  北京オリンピックから民放テレビ局132社によるインターネットでのオリンピック
  の公式動画配信をスタート。その為に生まれたのが『gorin.jp』です。
     
     gorin.jpのサイトへ。(クリック)
      昨年開催された 2013モーグルW杯女子第7戦ソチ大会 上村愛子3位表彰台
   
     
    *これまでの上村愛子選手の結果(PDF)           
      
                            *FIS「国際スキー連盟のランキング(PDF)

  大会公式ページでモーグル出場選手のプロフィール等が紹介されています。(1/26現在)
  
    
  
・上村愛子選手プロフィール(リンク) ・Place of Birth:Japan, ITAMI-CITYと表示されています。
  
 ・モーグル女子競技全出場選手2/5現在(PDF)

          
  
 *2月5日現在の選手登録状況です。(PDF)  *2/6予選1出場順       *モーグル競技のスケジュール
             (クリック拡大)

 NHKソチオリンピック放送予定(2/6-2/9)(PDF)



これまでに地元伊丹市鴻池で長野五輪冬季大会から開催した上村愛子選手応援会記録


 <<関連のYoutubeより。>>
 
  『情熱大陸』 2000 MOGUL SKIing 上村 愛子(上映時間 27分)
  

  バンクーバー2010オリンピック冬季大会
追記: 昨年2010年は冬季オリンピックがカナダのバンクバーで開催されて早いもので、2月の連休明けでちょうど1年前になります。
 昨年の冬季大会は開幕前からメダルの期待が高かった日本の女子選手の種目ではフィキュアスケートの浅田真央選手が韓国のキムヨナ選手との対決。それに出場毎に順位を上げているモーグルの上村選手へ今度こそはという大きな期待がありました。地元伊丹出身ということで毎回地元でも長野大会から毎回応援会を開催し地元をあげて熱狂的に応援していました。Youtubeで昨年の応援画像を見つけましたので感動を新たになつかしい思い出としてご紹介します。

       
  写真は前回のバンクーバー大会での応援会。   ・2010.12月鴻池で開催の歴史顕彰事業へのメッセージ

      H23.2.14 応援会が開催された長野県白馬村、兵庫県伊丹市(Youtubeより。)
      

 みなさんご声援ありがとうございました。
  2月14日(日本時間)に開催されたモーグル女子競技の結果は伊丹出身の上村愛子選手は今回も惜しくも4位の結果になりました。
 現地の暖冬の雪不足と雨天の影響で当日は競技の開催が危ぶまれた中で、なんとか予定通り開催されました。嬉しいことに出場した日本代表選手4名すべてが予選を通過、上村選手も5位で通過しました。
12時の応援会開会時には伊丹市長はじめ来賓各位が来られ、最後まで熱心に応援いただきました。今回の地元伊丹市の鴻池センターで開催された応援会は回を重ねて4回目をむかえました。今回は昼間の開催でもあり会場には100名を超える多くの応援者で大型TV設置会場を2ヶ所設けて盛況のうちに全員が固唾をのんで上村選手の活躍を応援しました。
 特に上村選手へのメダルへの期待と関心の高さから多くの報道関係者も来られ応援会場は常時熱気があふれていたのですが、最後まで目まぐるしく順位が変わり惜しくもあとわずかの4位の結果となりました。愛子ちゃん。本当にお疲れ様でした。
 今回の応援会開催にご支援いただいた皆さん。また会場の設営や早朝より準備いただいた関係者の皆さん。ありがとうございました。まずは結果の報告を致します。

 決勝戦の結果は、日本期待の上村愛子は、第2エアの着地でわずかに板が流れて悲願のメダルに手が届かず4位。優勝は、昨季のワールドカップ(W杯)に総合優勝した米国のハンナ・カーニーが26・63点でさらった。
 予選5位で決勝に臨んだ決勝では、滑走を終えた時点で2位となりました。一つ前に滑ったシャノン・バーキー(米国)が27秒90のタイムで25・43の好得点を出し、トップに立っていた。
 残る滑走者は4人。上村の後、予選上位の2人が相次いで転倒し、残りは2人。しかし、地元カナダの期待を一身に集めたトリノ五輪の女王、ジェニファー・ハイル(カナダ)が27秒91、25・69点で上村を上回り、さらに最後の滑走者、カーニーが金メダルを奪った。
日本勢では五輪初出場、予選11位の村田愛里咲はスタート直後にバランスを崩したものの、大きな第2エアで会場の歓声を誘い、30秒05、23・22点の好得点で8位。
2度目の五輪となった伊藤みきは第2エアの着地をわずかに乱し、31秒51で21・63点で12位だった。 長野五輪金の里谷多英は猛スピードで滑り降りたが、第2エアの空中姿勢が乱れ、着地で転倒して雪面にたたきつけられた。得点は12・85で19位に終わった。
 目まぐるしく順位が入れ替わるすばらしい決勝戦でした。


  
    女子モーグル決勝ラウンドバンクーバーオリンピック
  


   *応援会場スナップ写真(クリック拡大表示)
     
 早朝準備前の記念撮影  会場設営の役員メンバー  御祝い・差し入れ品の陳列
     
 裏方で会場準備の皆さん① 受付・運営協力の皆さん②  武田県議のご挨拶
     
 鴻池地車保存会の法被姿  解説(白鹿SAJモーグル審判員)  応援幕等の揮毫いただいた藤川氏
     
 藤原伊丹市長のご挨拶  マスコットたみまると記念撮影  取材を受ける上村精一氏
 
 伊丹市のホームページ「市長の部屋」(リンク

 今年カナダのバンクーバーで開催されるVancouver2010第21回オリンピック冬季競技大会の公式オリンピックページでは全種目の競技日程が発表されております。
 上村愛子選手が出場するフリースタイル・女子モーグル大会は開会式の翌日2月13日午後4:30から予選と、午後7:30から決勝が行われます。(日本時間2月14日午前9:30予選、午後0:30決勝。
 モーグルのバンクーバー五輪日本代表が1月24日、五輪前最後となるW杯5連戦を終えて米国から帰国。成田空港で新型インフルエンザの予防接種を受け28日から福島県内で最終の合宿を行い、4日にカナダへ出発します。
 上村愛子選手は、2007年・2008年シーズン FISワールドカップ・女子モーグル総合 第1位。そして平成19年度JOCスポーツ賞優秀賞を受賞するなど今回選らばれた4名の女子モーグル日本代表選手のうち、彼女は今回で4度目の出場となる冬季大会のメダル候補として大きな期待をされています。
JOC(日本オリンピック協会)のページ
JOCの目指せ!バンクーバーのページ

伊丹出身の上村愛子選手を応援しよう!
   すでに上村選手の出身地である伊丹市鴻池では、今回も応援会が予定されており地域をあげて応援のムードが高まりつつあります。地元鴻池の玄関口市バス停留所前には地元の方によりすでに7mにもなる大きな応援幕が掲げられ彼女への応援モードにはいっています。
 本人にとって初の五輪出場となったのは98年の長野大会から、実に4大会12年。持ち前の笑顔が素敵なアイドルはモーグルの女王へと変身しました。
 特に07年シーズンは日本スキー界初のW杯5連勝を飾り、紫綬褒章も受章しました。さらに、昨年3月に行われた世界選手権猪苗代(福島)大会では地元開催の重圧をものともせず、五輪非実施のデュアルモーグルとの2冠を達成し、今大会の日本勢の中でも突出しています。
 昨年6月には、トリノ五輪のアルペン男子回転で4位入賞の皆川賢太郎と結婚。12年の歳月を経て女子高生は妻となり、よきパートナーを得たことで、彼女には精神的にも実りの多い年となったことでしょう。きっとこのバンクーバー大会ですばらしい結果を出してくれるよう心から応援したいと思います。Cypress Mountainサイプレスマウンテンスキー場ですがJapanese Cypressといえばヒノキです。その名前にちなみ、バンクーバー大会は上村選手にとって彼女のもてる力を充分に発揮できる大きな檜(ひのき)舞台となりますように伊丹からのメダリストの誕生を大いに期待したいものです。

本人のコメント― 4回目の五輪に向けての仕上がりは --
 細かいところで波はあるが、トータルで五輪の2月に合わせていければ。少しのズレだったら全然構わないという大きな気持ちで過ごせています。
 今までシーズンインの段階では、できていないところを把握していない不安があったのですが、そういう不安が今はないので、そういう意味で今までにない調整ができていると思います。
(スポーツナビのページより引用。)

モーグルチ-ムが現地入り
 
五輪フリースタイルスキー女子モーグルで必勝を期す上村愛子(北野建設)が8日、サイプレスマウンテンの競技コースで初の公式練習に臨み「緊張すると思ったけど、滑りやすかった。楽しくて、はしゃいで滑った」とうれしそうに話した。
 今季はW杯で勝てず、波に乗りきれなかった。だが、1月28日から2月3日までの福島県での合宿で心身ともにリフレッシュした。五輪を前に「調子がいいですね」とすっかりと元気になった。 13日(日本時間14日)の試合に向け、最後の仕上げに入る。W杯で苦しんだときのような焦燥感はもうない。「今はすべてが楽しい。すごくいい五輪になると思う。本番まで気持ちよく滑れたらいいな」。前向きな言葉がよどみなく出た。(共同)
 とのニュースですが、暖冬の雪不足で会場の整備に大会本部では苦慮しているとの報道もあり、かえってそのような運ばれて造成される雪が日本の湿度の多い雪に似ており上村選手にとって有利とも言われています。
フリースタイル競技の公式ページ


   ワールドカップ種目別優勝おめでとう。
   
-日本選手として史上初の4連勝の快挙ー
 愛子ちゃん。おめでとう。モーグル競技では日本人としてはじめて成し遂げたワールドカップ4連覇。すごいですね。心からお祝い申し上げます。
 2006年トリノ五輪前からひざ痛で昨年来から心配していましたが、出直しの今季はすごいです。持ち前の得意のコークスクリュー720のエアー技にさらに磨きをかけてこれまでのすばらしいエアー技にダイナミックな滑りが功を奏して史上初の4連覇となりました。
 世界屈指の難コースとされる福島・猪苗代での第6戦だった予選を2位通過し、期待を背負った決勝で堂々のすばらしい滑りで国内W杯初優勝。
流れが変わりもしやと期待していましたまさか4連覇達成とはほんとうにすごいです。06年トリノ五輪では左ひざ痛を乗り越えて本番は5位の結果となりましたが、ハードな練習を乗り越え、膝の痛みにも耐えて、あなたの努力が実を結び何よりも本番のプレシャーにも見事に打ち勝って本来の実力が発揮された今回のすばらしい結果となりました。13年目のシーズンで、やっと頂点に立ちましたね。
 これまでの18歳で出場した98年の長野五輪で7位。そして02年ソルトレークシティー五輪は6位。06年トリノ五輪では5位とこれまで伊丹市出身のアスリートとして地元から応援してきました。気持ちはいつも貴方といっしょです。 成熟の30才を迎えられる再来年のバンクーバー5輪に向けてあなたの活躍を期待しております。
(写真はモーグルで日本人初の女王となった愛子(中)。とびきりの笑顔が弾けた(共同通信)
上村愛子・今季W杯全成績
月・日 開催地 国 名 順位 種目
12・13 ティーニュ フランス  2位
 1・18 レークプラシッド 米  国 22位
   20 16位
   26 モンガブリエル カナダ  4位
 2・ 2 ディアバレー 米  国  9位
   16 猪 苗 代 日  本 優勝
 3・ 1 マリアンスケラズネ チェコ 優勝
    7 オ ー レ スウェーデン 優勝
    8 優勝
   15 バルマレンコ イタリア 優勝
【注】全日程終了。Mはモーグル、Dはデュアル。月日は現地時間

上村愛子の五輪&世界選手権成績
年・月 大 会 開催地 国 名 順位 種目
97・2 世界選手権 長  野 日 本 16位
98・2 五 輪 長  野 日 本 7位
99・3 世界選手権 マイリンゲン スイス 23位
 4位

01・1 世界選手権 ウィスラー カナダ 3位
4位

02・2 五 輪 ソルトレークシティー 米 国 6位
03・12 世界選手権 ディアバレー 米 国 14位
17位

05・3 世界選手権 ル  カ フィンランド 4位
3位

06・2 五 輪 ト リ ノ イタリア 5位
07・3 世界選手権 マドンナディカンピリオ イタリア 14位
19位

【注】Mはモーグル、Dはデュアル
上村愛子公式ページ 上村選手に関する様々な情報が掲載されている公式ページ。

愛子ちゃん。お疲れさまでした
 
 
 トリノ五輪第2日(11日)フリースタイルスキー女子モーグル決勝で日本勢は、上村愛子(北野建設)が5位、3大会連続メダルを狙った里谷多英(フジテレビ)は15位、伊藤みき(滋賀・近江兄弟社高)は20位の結果となった。

 3度目のオリンピック出場となったトリノ大会で惜しくも5位に入賞した愛子ちゃん。日本中で期待される中、メダルまであと少しという結果となりましたが、これまでの成果の仕上げとなった得意のエアー、コークスクリュー720が予選、決勝いずれも決まり応援会場は大歓声の中で全員が大いに興奮し盛り上がりました。


 今回も地元兵庫県伊丹市鴻池の応援会場には.地元の商店、市内企業や団体からも差入れの飲物などが会場に届き、また近所から味噌汁やおにぎりも届き会場との時差により開催時間が深夜にわたる中、応援会へのご支援を今回も地域をあげて協力いただきました。
 地元出身のアスリートを応援しスポーツを通じてその地域での交流がはかれることはすばらしいことであります。自宅でテレビで観戦するだけでなく、みんなで感動を共有し連帯して声援を送ることに大きな意義があります。

 予選1時間前の11日午後10時には続々と人がつめかけ大型テレビで観戦しました。 予選の出場は4番目であり、24.20の得点ををあげて堂々の5位入賞圏内、続く伊藤選手、里谷選手も決勝進出を果たしました。
 特に彼女は予選から得意のエアー技でヘリコプターと続いて難易度の高いコークをクリアーした時は応援会場内は総立ちで大歓声。今回もほんとうに熱の入った感動の応援会となりました。 
 結果としてメダルに手が届きませんでしたが、30代でもまだまだ豊富な経験をいかして果敢に新しい3D技に挑戦し活躍している選手もあり、次のカナダ・バンクーバー大会へと彼女への夢をつなげていきたいものです。

今回はうれしいことに、深夜にもかかわらず伊丹市藤原市長がこの応援会場に来られ、みんなと一緒になってテレビ観戦を通じて予選、決勝戦まで上村選手に声援を送られました。 本当にみなさんお疲れ様でした。
伊丹市のホームページようこそ市長室(2月13日)。(クリック)

女子モーグル競技決勝の結果は以下のとおり。


    

冬期オリンピック・トリノ大会へ

  伊丹出身のアスリート上村愛子選手を応援しよう!!            
   
*今回も地元伊丹市鴻池では応援会が予定されています。


すでにトリノオリンピック大会の公式ページでは競技日程が発表されています
(上村選手は4番目に出場します。)
   http://www.torino2006.org/ENG/IDF/FR/X05_20060211.html (公式HP)
   2月11日 女子モーグル大会  現地時間15:00  日本時間 午後11:00予選。
                             19:00  
日本時間 午前 3:00決勝。

  NHKトリノオリンピック放送予定表(PDF)が発表されました。
      
      デジタル衛星ハイビジョンで予選(BS hi)、
            衛生第1テレビで予選、決勝(BS1)
           
 2月11日  10:55からモーグル予選。 
           翌深夜12日  2:55からモーグル決勝。


がんばれ日本(R)
JOCの公式パートナーとなっているJAL(日本航空)の選手応援ページ。

スポーツビズネット特別インタビューのページ(1), (2)(リンク)
DEPO金沢店(金沢市)は日本代表選手団オフィシャルスポーツウエアのレプリカ商品を販売。

 2月10日のオリンピック冬期大会にむけて協賛企業はじめ、様々なキャンペーンが開始されており、日本代表選手への期待やトリノ大会への人気はますます過熱してきました。
 上村愛子選手はじめ、期待されている日本代表選手の大活躍に心からの応援をしていきたいものです。


 2006年新春、例年になく豪雪で寒い日々が続いています。
 いよいよ冬期オリンピック・トリノ大会が2月10日に開会されます。翌日にモーグル競技も開催され、本番へ向けてカウントダウンという時期になりました。
 すでに上村選手は例年開催されるワールドカップ出場のため海外へ、次に本人が帰国するのはトリノ5輪大会終了後という忙しいスケジュールです。
 はじめて出場した98年長野五輪ではなんと初出場で7位。02年のソルトレーク五輪では6位。
 そして昨年05年世界選手権では3位の成績。今回の冬期大会でメダリストとして期待されるのも当然。今回はぜひメダルを掛けて帰国してほしいものです。


*3冊目の本が出ました.。
 
単行本: 77 p ; サイズ(cm): 21 x 15 1,575円
 
出版社: 実業之日本社 ; ISBN: 4408610992

Road to Torino というブロッグ(ネット上の公開日記)でご本人が直接日々の感想やファンの返事が書かれています。
 12月19日の本人の日記では「打ち身の痣はあるものの骨や筋肉には問題なくほっとして練習に励めるとのこと。」まずは安心です。 これからは本番までに試合が続くのであまり書き込みも出来ないと思いますが、書き込みを拝読するところ気合十分というところです。
 昨年12月の開幕戦で練習中に転倒し、一時帰国していましたが、すでに1月2日からW杯第3戦が1月7日にカナダで開催され遠征中。本番に向けてW杯でも大活躍が期待できそうです。スポーツ欄には目が離せません。
 FIS WorldCup Ski&Ski.comのページ(上村愛子選手)
 http://www.ski-and-ski.com/work/FS/Bio-MO_Uemura.html
 
 [プロフィール]
  生年月日:1979年12月9日 出身地:兵庫県伊丹市
  現住所:長野県白馬村 出身校:白馬高校
  所属:北野建設スキー部 身長:156cm血液型:AB型

 期待される決め手の技―コークスクリュー720
 
【決め技】(上)コークスクリュー720…モーグル  コルク抜くように2回転
モーグルのエア技の種類は多い。スキー板を横に振る「ツイスター」や、両足を大きく横に広げる「コザック」などのアップライト系。横1回転の「ヘリコプター」などのスピン系、後方伸身宙返りの縦回転系などに分かれ、コークスクリュー720は、最も難しいオフアクシス系に含まれる。ポイントも高い。長野五輪で里谷多英(フジテレビ)が金メダルを獲得した「コザック」が2・2点弱だが、コークスクリュー720は成功すると、4点が与えられる。
 上村はコークスクリュー720を武器に、昨季のW杯最終戦で2季ぶりの優勝。トリノ五輪代表内定を決めた3月の世界選手権では3位に入り、自信を深めている。
YOMIURI ONLINE(2005年10月12日 読売新聞)より引用。




 雪崩防災週間(主催:国土交通省、都道府県)の今年のポスターには、上村愛子選手がモデルになっています。

 この「雪が大好き!雪国に暮らし、安心がいいね。」の雪崩防止対策事業はじめ、今年は彼女の持ち前の明るい性格から、食品会社、缶コーヒー会社、スポーツ用品、航空会社や時計会社のキャンペーンキャラクターに選ばれるなど、トリノ冬期オリンピックに向けてますます彼女の人気と期待が高まっています。カレンダーやキャラクターグッズ、スキーDVDなどの販売もされており、オリンピック3度目の出場となる今回は早々と出場選手候補に選ばれ期待と人気は前回以上。開幕が楽しみです。

 
 
スキーシーズンを迎えてトリノ大会までのスケジュールが発表されています。
 大会日程は2006年2月11日ですが、世界の女子でただ一人体得しているエア「セブンツー(コーク720)」(体を斜めに傾けた状態で横向きに2回転)という必殺技に磨きをかけ頑張ってほしいものです。

◆上村選手の今後の予定
 ▽11月2日 全日本スキー連盟主催「Take off」パーティー出席。
 ▽同26日  W杯直前合宿(ドイツ・オーベルストドルフ)へ向け成田空港を出発。
 ▽12月14日 W杯開幕戦(フランス・ティーニュ)
 ▽同18日   W杯第2戦(オーベルストドルフ)
 ▽同20日ごろ 一時帰国。年明けに北米へ出発。
 ▽1月7日   W杯第3戦(カナダ・トレンブラン)
 ▽同13日   W杯第4戦(米国・ディアバレー)
 ▽同20、21日 W杯第5、6戦(米国・レークプラシッド)
 ▽同28日   W杯第7戦(イタリア・マドンナディカンピリオ)
 ▽2月11日  五輪予選、決勝

スポーツ報知(2005年10月29日 15:15)より。


今季初優勝 スキーW杯モーグル
 
残暑厳しい日本ですが北半球のオーストラリアのペリシャーブルーでは、2005年8月20日に国際スキー連盟(FIS)公認レース、オーストラリア選手権が開催されており、フリースタイルモーグル競技は、延期となった前日分と合わせて2レースが行われ、女子の第1レースで上村愛子(北野建設)が優勝しました。
すでに彼女は来年2月に開催されるトリノ冬季五輪代表に内定している中で、五輪シーズン最初のレースに勝ち、幸先のいいスタートとなりました。第2レースでは4位でしたが、この調子で来年2月のトリノ大会に向けてぜひ頑張ってほしいですね。楽しみです。
  
来年の冬期オリンピックトリノ大会へ出場決定!!
 フィンランドで行なわれているフリースタイルスキー世界選手権で堂々3位に入賞。大技のエアー7o(セブンオー)が決まり念願のトリノ大会への切符を手に入れました。
本人のコメントは 「自分で自信が持てるようになった。」と今回の結果は練習の成果が発揮できて満足した様子。
とくに今回はこれまで練習してきた彼女独特のエアーでの大技が見事に決まり3位入賞となりました。
(左の記事は3月21日付毎日新聞記事。)
 彼女のここ一番での精神的な強さが今まで以上に感じられこの調子でいよいよ来年の冬期大会へ向けて頑張ってほしいものです。
 何はともあれ、オリンピック出場おめでとう.!!
この調子で来年のオリンピック冬期大会でのメダリストが期待できそうです。伊丹市出身のアスリートとしてこれからも彼女の活躍を期待し声援をおくっていきます。


 フリースタイルスキーのワールドカップ2005年(W杯)は2月26日、ノルウェーのボスで男女モーグルが行なわれ、女子の上村愛子(北野建設)が決勝でなんと、25・15点の高得点をマークして2003年1月以来2シーズンぶりとなるW杯2勝目を挙げた。

 予選を6位で通過した上村は、上位12人による決勝で、今季取り組んでいた大技を第2エアで決めるなど、エアでただ1人6点台を出した。

 里谷多英
(フジテレビ)は18位、畑中みゆき(佐川急便ク)は惜しくも24位で落選しました。
 来年の冬期オリンピック・イタリアのトリノ大会でもまたこの大胆で見事なしかも誰にも出来ないエアーの大技を本番での勝負強さでぜひとも決めてほしいですね。

 念願のメダリストへ大いに期待がもてそうです。来シーズンの活躍を期待し引き続き応援していきます。
(新聞記事は2月27日毎日新聞より。-クリック拡大。)
 

フリースタイルスキーW杯苗場大会今季自己最高の4位 
 2005年1月29日、ディアバレー(USA)で行われたデュアルモーグルで上村愛子選手(北野建設)が5位入賞し、久々に明るい話題を提供してくれた。
 そして迎えたワールドカップ猪苗代大会は2月5日、6日に開催された。5日、シングルモーグルでは女子が里谷5位、上村10位だったが、フリースタイルスキーW杯苗場大会最終日上村愛子が、今季自己最高の4位に入った。
 W杯表彰台を逃したが、なんと3位に
わずか0・39ポイント差の4位.。
 残念ながら予選2位の里谷多英(フジテレビ)は転倒し、決勝進出16人中最下位。
わずかなミスが得点に響く競技だけに日頃の練習成果が充分に発揮できることもさることながら本番での勝負運などメンタルな要素も影響するみたいです。
 そんな中で今回上村選手は難易度が非常に高い大技のエアーを決めた。
 女子では強豪トローと上村しか挑んでいないこの大技の威力について、新聞報道によると本人は
「はまれば得点が出る」と理解している。同時に自分の習熟度が高くないこともわかっている。だから大会前に「あまり期待しないで下さい」と説明していた。 「まだやることはあるが、まだ時間もあるなという感じ。照準を合わせていけると思う」(中日新聞より。)

(左の記事は2月12日付毎日新聞-クリック拡大表示)

 来年の2月11日はトリノ五輪女子モーグル決勝の日。あと一年、がんばってほしいものです。 モーグル競技での「里谷・上村時代」は1998年長野オリンピックから続いています。このページでも応援しておりますが、来年の冬季オリンピックに向けて伊丹出身のアスリートとして上村選手の活躍と彼女の勝負にかける意気込みに対して心から声援を送っていきたいものです。

 第5回 アジア冬季競技大会 青森2003

  冬季アジア大会で、2月6日、フリースタイルの男女モーグルが行われ、愛子ちゃんが優勝を飾りました。
直前のワールドカップモーグル第6戦(1/18・レークプラシッド/アメリカ)で初優勝した愛子ちゃんがその勢いで初代アジア王者の座を獲得。里谷多英(フジテレビ)は予選を2位で通過したが、惜しくも決勝では6位でした。


   2月6日 11:20 ~モーグル予選      13:00 ~ モーグル決勝      
     1.上村 愛子(JPN)             1.上村 愛子(JPN)       
     2.里谷 多英(JPN)             2.カルミシェワ イリーナ(KAZ) 
     3.カルミシェワ イリーナ(KAZ)       3.久保田 裕実(JPN)     


 愛子ちゃんの今年の成績はこれまでの得意技開脚のコザックだけでなく積極的に新しいエアー技のヘリコブターに挑戦してきました。
シーズン当初はその失敗によって28位という屈辱的な結果でしたが、開幕戦以後、25位、14位と真価を発揮し、第4戦以降7位、4位と決勝に進出、そしてついには第6戦レイクプラシッド大会でW杯初優勝という努力が実を結び、これまでに表彰台経験数多くありながら、達することが出来なかった栄冠を新たにトライしたヘリによってついに獲得できるなど、彼女はいつも持ち前のその明るさとともに、不可能を可能にしていく彼女のパワーあふれるすばらしい活躍がありました。これからも彼女の活躍を期待していきたいものです。


  ワールドカップ・モーグル競技第6戦

上村愛子選手がついにやりました。悲願の金メダル!
予選から安定したスキー操作、予選を1位通過した愛子ちゃん。ついに優勝!次は昨年冬季オリンピックで忘れてきたあのソルトレーク(DeerValley)での金メダルめざしてがんばってほしいですね。心から応援します!!

決勝では、エアー後のランディングと長いボトムセクションでミスをする選手が多かったが、上村は、予選と同じように、高いエアー・スピードを見せ、この種目で初めての優勝。上村は、決勝終了後、「スコアーボードに1位と出た瞬間、ほんとに1位になるとは思わなかった。本当にスキーをやっていてよかった。シアワセデース。」と語り、「お母さんに、早く報告しなきゃ」と急いでいました。
(SAJ全日本スキー連盟のニュースページより引用。)

これからの予定。Freestyle FIS World Cup 2002/2003

日程       会場     国名   種目/リザルト    備考

11/30-12/1  Tignes   フランス    M・L-Mogules/Ski Cross  
12/6-8     Sauze dOulx イタリア   M・L-Mogules/Ski Cross SX=cancelled
12/13-15   Madonna di Campiglio イタリア M・L-Mogules/Ski Cross SX=cancelled
12/21      Ruka     フィンランド  M・L-Mogules  
1/10-12    Mt.Tremblant カナダ    M・L-Mogules/Aerial  
1/17-19    Lake Placid アメリカ M・L-Mogules/Aerial×2  
1/24-25    Fernie    カナダ     M・L-Dual Mogules/Aerial  
2/8-9      West US  アメリカ    M・L-Mogules/Aerial  
2/15      猪苗代    日本      M・L-Mogules  
2/22-23    斑尾高原  日本      M・L-Mogules/Dual Mogules  
3/1-2      Sprindleruv Myln チェコ  M・L-Aerial×2  
3/7-9      Airolo    スイス     M・L-Mogules/Dual Mogules/Aeria
l  
1/26-2/2   FIS Freestyle World Championships Deer Valley(USA) 

順位
予選順位
氏名
国名
Total
1 1 上村愛子 北野建設 25.84
2 8 LAOURA Sandra FRA 16.66
3 4 BAHRK Shannon  USA 25.88
21 里谷多英 フジテレビ 22.56
27 畑中みゆき 佐川急便 21.33

(1/18 のW杯6戦結果クリックすれば拡大します。)


必見!(クリックしてください。)全日本スキー連盟は毎年「1月12日をスキーの日」と制定!! 
  スキー競技に関するニュース速報など、SAJ(全日本スキー連盟)のページへ。(クリック)

 2002年ソルトレイク冬季5輪大会
伊丹市出身の上村愛子選手6位入賞。


 平成14年2月8日夜、ミレニアム最初のオリンピックとなるソルトレイク冬季大会が開会。翌日9日午前(日本時間10日深夜)からには女子モーグル競技が行われました。

 今回も上村愛子選手を応援のために地元伊丹市鴻池では、私もメンバーになりますが、伯父さんの友人グループ「鴻池ファミリー会」が応援会をつくり地域の方々と共に今回も鴻池共同利用センターでテレビ観戦を通じて声援を送りました。予選では安定した滑りで上村選手は4位で里谷選手を抜く成績で予選を通過しました。

 応援会場は予選通過後も、モーグルのビデオや彼女の著作「だからいつも笑顔で」を回覧し決勝を待ちました。予選終了後午前3:00ごろ、会場から現地で応援している愛子選手の親戚の方へ電話するなど場内のムードはメダル候補への熱い期待が高まるなかでますます皆の気持ちも過熱ぎみになりつつ終始盛り上がり観戦者は夜明け前の眠気に負けることなく午前4:00からの決勝放送を待ちました。

 決勝では勝ち抜いた16名の選手は予選には見られなかった果敢な演技を披露。その白熱した滑りにさすがに決勝だけあって、どの選手も自分の技に全力を出しきり勝負しています。

 今回もNHK神戸放送局の協力で場内に設置された大型プラズマテレビで競技がリアルに伝えられ全員釘付けで状態で声援を送りました。
 決勝での愛子選手は大きく足を広げてジャンプする2回の得意のエアー技もバッチリ決まった時(エアー得点では3位)場内は「よっしゃ!」の大歓声!があがりました。
  ゴール直後の彼女のガッツポーズで全員が固唾を飲む中、もしやと思うほどその得点を期待したのですが、結果は6位入賞と前回の7位から1つ上がった結果となりなりました。 さすがに世界一の壁は厳しく期待のメダリスト誕生とはならずに残念でした。

 しかしどの選手も全力を出し切り、さすがに決勝戦と思えるすばらしいスキーの技が見る者を魅了し、モーグル競技に大いに感動させられました。

 幸いにも、今回もまた嬉しいことに日本代表の里谷選手が3位で長野大会に続き初めての連続メダリストの快挙となりました。翌日のインタビューで愛子ちゃんは、思う滑りができて悔いのない滑りであったとの感想がありました。次の冬季オリンピックイタリア・トリノ大会での活躍を大いに期待したいものです。

  深夜にもかかわらず応援いただいた皆さんはじめ、この応援会の開催にあたり会場提供や設営協力、夜食の差し入れなど様々な協力をいただいた方々に心より御礼申し上げます。

(新聞記事をクリックすれば拡大します。読売新聞ならびに3月1日付市広報より。) 
2月9日のモーグル競技の決勝結果は以下のとおり。
  ターン15点(5人の審査平均)、エアー7.5点、(2人の審査平均)タイム7.5点で総合得点30点満点の評価

順位   氏  名  国名  1  3  ターン平均  7 エアー平均 タイム タイム点 総合得点
1 TRAA Kari NOR 4.6 4.6 4.8 4.7 4.7 14 5.65 5.52 5.58 34.48 6.36 25.94
2 BAHRKE Shannon USA 4.7 4.5 4.5 4.6 4.5 13.6 5.37 5.52 5.44 36.09 6.02 25.06
3 SATOYA Tae JPN 4.5 4.5 4.4 4.5 4.7 13.5 4.94 4.94 4.94 34.23 6.41 24.85
4 HEIL Jennifer CAN 4.5 4.2 4.4 4.4 4.4 13.2 5.49 4.9 5.19 34.04 6.45 24.84
5 HARDAWAY Hannah USA 4.5 4.5 4.6 4.4 4.6 13.6 5.04 5.18 5.11 35.89 6.06 24.77
6 UEMURA Aiko JPN 4.5 4.1 4.4 4.4 4.6 13.3 5.22 5.22 5.22 35.48 6.14 24.66
7 BATTELLE Ann USA 4.7 4.6 4.7 4.6 4.4 13.9 4.79 4.49 4.64 35.8 6.08 24.62
8 LAOURA Sandra FRA 4.3 4.3 4.4 4.3 4 12.9 4.82 5.06 4.94 34.82 6.28 24.12
9 CHERKASOVA Marina RUS 4 4.4 4.3 4.2 4.1 12.6 5.22 5.08 5.15 37.26 5.77 23.52
10 MARBLER Margarita AUT 4.1 4.3 4.2 4.4 4.1 12.6 5.06 3.88 4.47 35.64 6.11 23.18
11 VORONA Elena RUS 4.3 4.4 4.3 4.3 4.8 12.9 4.2 4.68 4.44 36.98 5.83 23.17
12 KARHU Minna FIN 4.3 4.3 4.3 4.2 4.4 12.9 4 4.78 4.39 37.2 5.78 23.07
13 RINGSTAD Kelly CAN 3.9 4.2 4.2 4.1 4.2 12.5 4.6 4.44 4.52 36.94 5.84 22.86
14 BRADLEY Tami CAN 3 2.6 2.4 3.2 2.9 8.5 4.06 4.62 4.34 37.99 5.62 18.46
15 KJELLIN Sara SWE

コースアウト 
 
 
 
  
15 BOLBJERG DEN

 コースアウト 





 

追伸:フリースタイルスキーのワールドカップモーグル第7戦、は3月3日、 福島県猪苗代町のリステルパークで男女の決勝が行われました。世界の強豪が集まるこの大会で女子の成績は以下のとおり。              
1位 J・ハイル  カナダ    (オリンピック4位入賞)
2位 K・トゥロー ノルウェー  (オリンピック金メダル)
3位 上村愛子   日本     (オリンピック6位入賞)
5位 里谷多英   日本     (オリンピック銅メダル)

愛子ちゃん。がんばりましたね。先日の国体1位に続きこの成績。
4年先のトリノ大会へ向けて大きなジャンプを期待しています



 12月4日にアトランタ市からオリンピック冬季大会の聖火が出発しました。 これから2月8日の開会式にむけて全米各地をリレーして、大会ムードを盛り上げソルトレイク市へと運ばれます。
 早いもので長野大会からもう4年も経つのですね。この大会で伊丹出身のオリンピック選手といえば、みなさんもご存知、モーグル競技の
上村愛子選手です。
 現在モーグル競技で大活躍、この競技では前回、里谷選手が堂々の金メダル、上村選手も7位入賞と日本選手は大活躍。 
今回はひょっとしてメダル圏内も狙えそうな選手です。心より応援していきたいと思います。 
 すでに大会公式のホームページが出来あがっており、会場案内や競技案内が検索できます。 さっそくながらモーグル女子競技出場予定選手名簿に上村愛子選手をみつけました。
 モーグル大会は予選、決勝ともに現地時間で開会式翌日の2月9日(土)午前9:00から行われます。 http://www.saltlake2002.com/(大会公式ページ)
  今回も地元を中心に応援会をつくってみんなで応援し盛り上がっていきたいと思います。 応援会に賛同されます方は私までメール(クリック)ください。
 日本時間では2月10日(日)の
真夜中午前00:00から朝の5:00頃までですが、翌日11日は祝日ですので、しっかり応援しましょう。

 ISBN4-408-61098-4 C0075¥1400E
 「実業之日本社」 「だからいつも笑顔で」

 
「現在は長野県白馬村に住んでいるが、わたしが生まれたのは兵庫県の伊丹市、今から21年前、1979年のことだ。」-の書出しで始まるこの本の内容は、彼女の生い立ちを通じてスキーへの情熱や今回のソルトレイク5輪への熱い思いが伝わる必読の一冊!!

 最後にモーグル競技のルールの解説があります。簡単に説明するとモーグルは
ターン点50%,エアー点25%タイム点25%の30点配分で獲得ポイント順位が決まります。
  エアー台はコースに2箇所ありそれぞれ違う技を決めることになっています。 上村選手のコザック技が楽しみです。


NHK BS1衛生放送 番組予定より。
■10日 午前00時30分( 4時間30分放送)
2月10日(日) 0:30~2:00
         フリースタイル 女子モーグル 予選 (生中継)
2月10日(日) 4:00~4:45
         フリースタイル 女子モーグル 決勝 (生中継)

**************** NHK総合テレビにて
2月10日(日) 10:05~11:00  フリースタイル 女子モーグル 決勝 (録画)
2月10日(日) 13:00~13:45  フリースタイル 女子モーグル 決勝 (再放送)
 
   必見!(クリックしてください。)全日本スキー連盟は毎年「1月12日をスキーの日」と制定!! 
  スキー競技に関するニュース速報など、SAJ(全日本スキー連盟)のページへ。(クリック)

 伊丹市出身のモーグル競技・上村愛子選手
オリンピック長野大会初出場で堂々の入賞

 長野県白馬高校3年生のモーグル競技で人気急上昇の上村愛子選手はオリンピック初出場ながら生まれながらの才能と持ち前の明るさで”初出場で7位に入賞”の栄冠に輝きました。今後の愛子ちゃんの大活躍が楽しみです。

 今回の長野大会でモーグル競技(女子)は、里谷多英選手が大健闘し、日本女子では初の金メダルに輝き、愛子ちゃんも入賞というスキー競技史上初の快挙を達成しました。 

 現在伊丹市鴻池にお住いの愛子ちゃんの伯父さん(上村精一氏)の話しでは本人は、2才まで伊丹で育ちました。そして心臓が弱い子であっとのこと。 

しかし予選13位にかかわらず、決勝で果敢なスキーを披露するなど卓越したテクニックで見事入賞を果たす快挙となりました。

 生まれ故郷の兵庫県伊丹市鴻池では決勝が行われた2月11日は伯父さんご家族、親戚の方、地域の方々が午前中よりテレビに釘付けで、大いに盛り上がり、熱い声援を送りました。(左上掲載の写真は(C)日本IBM社の長野大会協賛ページから引用)

        長野オリンピック 女子モーグル
      

   決勝進出各国選手16人の結果は以下のとおり。


    Women's フリースタイルスキー    飯綱高原   11 February   12:47   

   Turns Judges Total Air  Judges Total Judge Time Total
Rk Bib Skier Country 1 2 3 4 5 Points 6 7 Points Score Time Score Score

1 11 [gold medal] 日本 4.6 4.6 4.7 4.8 4.5 13.90 4.96 4.94 4.95 18.85 32.10 6.21 25.06
里谷 多英  [JPN]
2 3 [silver medal] ドイツ 4.7 4.6 4.6 4.5 4.5 13.70 5.17 4.91 5.04 18.74 33.50 5.88 24.62
MITTERMAYER,Tatjana [GER]
3 8 [bronze medal] ノルウ 4.2 4.6 4.3 4.5 4.2 13.00 4.80 5.25 5.02 18.02 32.69 6.07 24.09
TRAA, Kari ェー [NOR]
4 2 WEINBRECHT, アメリ 4.3 4.3 4.7 4.5 4.6 13.40 4.96 4.46 4.71 18.11 33.40 5.91 24.02
Donna カ合衆国[USA]
5 1 PELCHAT, カナダ 4.3 4.4 4.3 4.3 4.4 13.00 5.10 4.97 5.03 18.03 33.36 5.92 23.95
Anne-Marie [CAN]
6 10 KARHU, Minna フィン 4.4 4.5 4.5 4.5 4.4 13.40 4.71 4.45 4.58 17.98 33.65 5.85 23.83
ランド[FIN]
7 13 上村 愛子   日本 4.4 4.3 4.4 4.2 4.4 13.10 4.71 4.71 4.71 17.81 33.08 5.98 23.79
[JPN]
8 4 MCINTYRE, アメリ   4.1 4.3 4.3 4.4 4.3 12.90 4.97 4.58 4.77 17.67 32.79 6.05 23.72
Elizabeth カ合衆国[USA]
9 6 SCHMITT, ドイツ 4.6 4.7 4.5 4.4 4.4 13.50 4.47 4.11 4.29 17.79 33.50 5.88 23.67
Sandra [GER]
10 16 BATTELLE, Ann アメリ 4.5 4.3 4.4 4.1 4.3 13.00 4.20 4.58 4.39 17.39 31.89 6.26 23.65
カ合衆国[USA]
11 12 RAUSCHER, ドイツ 4.5 4.5 4.2 4.4 4.6 13.40 4.58 4.33 4.45 17.85 34.13 5.74 23.59
Gabriele [GER]
12 5 ELFMAN, Marja スウェ 3.9 4.0 4.1 4.0 4.2 12.10 4.33 4.46 4.39 16.49 32.59 6.09 22.58
ーデン[SWE]
13 9 BOLBJERG, Anja デンマ 3.5 3.5 3.6 3.5 3.4 10.50 5.22 5.22 5.22 15.72 31.38 6.37 22.09
ーク[DEN]
14 14 KJELLIN, Sara スウェ 3.7 3.6 3.3 3.6 3.8 10.90 4.60 4.56 4.58 15.48 32.83 6.04 21.52
ーデン[SWE]
15 7 DYMCHENKO, ロシア 4.0 3.7 3.6 3.8 4.0 11.50 3.89 3.64 3.76 15.26 34.04 5.76 21.02
Ljudmila [RUS]
16 15 BRADLEY, Tami カナダ 1.7 1.8 1.9 2.2 1.7 5.40 4.07 4.07 4.07 9.47 34.96 5.55 15.02
[CAN]

2月11日の決勝は、伊丹市鴻池の共同利用センターへハイビジョン用の大型テレビを搬入し、伊丹市ならびにNHK神戸放送局の協力をいただいた。前日に仮設パラボラアンテナを設置、午前中は予選の収録ビデオなどで愛子ちゃんの活躍を紹介、続々と人々が集まりセンター会場では立ち見が続出。そして昼すぎからの本番生放送でダイナミックなモーグル競技に全員が興奮する中、会場は最高潮になりました。
 つめかけた多くの方々の賑やかな声援や手作りの小旗を振っての応援、またFM局の中継もあって、会場の熱気は常時上がりっぱなし。途中「FMいたみ」局アナウンサーから愛子ちゃんの伯父さん、叔母さん、つめかけた親戚の方へのインタビューがあり、終始会場は興奮と感動に包まれました。 みんなの熱い思いと期待に応えて愛子ちゃんは見事初出場で入賞という快挙。やったね愛子ちゃん!!

ありがとう愛子ちゃん!!あなたのすばらしい活躍を期待し、鴻池から熱いエールを送ります。
 

   2月11日の伊丹市鴻池共同利用センターに集まった皆さんの応援風景


                  「FMいたみ」のインタビューに応える上村精一氏。   
      

7位入賞決定の瞬間。(写真をクリックすれば拡大します。) 最後に全員で乾杯!  伊丹市広報記事

追記: 
 オリンピックなどの国際的なイベント入賞式で君が代が演奏され国旗が掲揚されるシーンはいつ見ても感激します。ただ応援者が激励メッセージを国旗に書き込んだ寄せ書きみたいな汚れた国旗を入賞選手に手渡し選手が誇らしげにその国旗を振って観客に応えているシーンがよく写ります。 あれは顰蹙(ひんしゅく)ものですね。もっと国旗は国のシンボルであり落書きせずに大事に扱ってほしいものです。                                   
オリンピックでの国旗掲揚について私が関心をもったページへ(クリック)