伊丹再発見シリーズ -いたみの名物(5)−
  
 伊丹とゆかりの深い戦国武将といえばやはり荒木村重。
 主君であった織田信長に反旗を翻して挙兵したが敗れ、妻子を残して逃げたといわれている謎の戦国武将。
 こんなマイナスイメージがつきまといますが、最近逃亡説を打ち消す資料も発見されています。 

 後年には「道薫」(どうくん)の号で茶人として豊臣秀吉に仕えたとされています。
荒木村重にゆかりのJR伊丹駅前の有岡城は総構えの城として国の史跡になっています。

 謎の武将荒木村重にちなんでこのたび市内の 
御菓子司 中 満 から
    「あっぱれ村重まんじゅう」
(写真をクリックすれば拡大表示。)
               
 が発売されました。
 
1個126円、箱入りは5個入り630円、10個入り1260円の2種類(値段はいずれも税込み)です。
 
 
この饅頭の由来は、次の通り、

 「陰徳太平記」によりますと、荒木村重が信長と江州大津ではじめて対面した折、信長が村重の忠誠を試すが如く刀に饅頭を突き刺して差し出したところ、村重は臆するどころか手も使わずに口にくわえて平らげてしまいました。
 その豪胆さにおどろき家来としました。
その記に因んで「あっぱれ村重まんじゅう」と称した。と包み紙に記されています。

*荒木村重についての解説ページへ(クリック)


   *お求めは 伊丹市宮ノ前3−7−7(宮ノ前稲名野神社前) 
        御菓子司 中 満
        電話072-782-3154