伊丹再発見シリーズ -いたみの名物(3)−
 
      伊丹市特産南京桃 
 赤、白、ピンクの3色の花が咲く伊丹市特産花木「南京桃」は、約150年前に中国原産の八重咲きの花桃が兵庫県伊丹市に持ち込まれ、東野地区で栽培されたのが始まりといわれます。 
 市内でも東野地区は果樹植木生産農家が多く、特に接木栽培が盛んな所です。
 日本から贈られた米国のワシントンポトマック河畔の桜は実はこの地区から出荷された桜の台木に東京荒川堤のソメイヨシノ種等を補木として接木されました。 
 「南京桃」に受け継がれたその接木の伝統技術は小型の花モモの原木に、3色の花が咲く枝を「芽接ぎ」という独特な技法で接ぎ、伸びた枝をワラなどで引っ張ってしだれさせます。 
 その姿が大道芸の「南京玉すだれ」に似ていることから、南京桃と名付けられたといわれています。 
 主な出荷先は関東、東北地方で、4月3日に旧暦で行われるひな祭りには欠かせない花となっています。 
伊丹市南京桃ブランド化実行委員会(久保勝平会長)が例年3月中旬に即売会を開催。 近畿一円から観光客が集まる野鳥の楽園・昆陽池公園の即売売場には、1鉢の値段が格安の1500円前後とあって、市内外から詰めかけた愛好家らが枝振りなどを念入りに品定めしては購入されます。
 花の観賞期間は、室温が15度くらいの所で約3週間といいます。市内には250種1万本のバラが咲き誇る荒牧バラ公園がありますが、バラとともに伊丹の花木として知られる南京桃の生産は全国シェアNo.1を誇ります。この桃は、台木に赤、白、ピンクの花桃を芽継ぎし、1本1本の枝に細工をほどこしたもの。3月中旬頃に華やかに咲き、全国各地に出荷されます。



郵パックでの申込用紙



郵便局にあります。





大阪国際空港内案内カウンター 
H.17.3.14





大阪国際空港内案内カウンター 
H.17.3.14


花を長く楽しむために

  花の鑑賞期間を長くするためには、室温のあまり高くならない場所に置いてください。できれば室温が15℃位の所に置けば約3週間程楽しむことができます。  また、風が強いと花びらが散りやすいので、風当たりの弱いところに置いてください。

花後の管理

『花の置き場』

  花桃は耐陰性が弱いため、日当たりの良い所に置いてください。
露地植えで花を楽しむ場合は、花が終わった後に剪定して、木全体に日光が当たるようにしてください。(鉢植えのまま楽しむ場合は剪定しないでください。)
また、根をビニールで巻いていますので、露地植えにはビニールを外すことをお勧めします。


『水のやり方』

  耐乾性があり、乾燥には耐えられますが耐水性は弱く、あまり水を与えすぎると根腐れを起こします。ただし、開花前には十分に水やりをしてください。
 鉢土の表面が乾いたらたっぷりやりましょう。

 『肥  料』

  春肥を中心に施します。花後(露地植の場合は剪定と同時)の4月に元肥として、6号鉢大の場合で油粕ダンゴ(親指大ぐらい)を2個程度、追肥として5月中に4個程度を施します。さらに、秋肥として9月に2個程度施します。

 露地植えの場合の『花後の剪定』

  花芽を多く付けるためには、長い新しい枝が必要で毎年花後に剪定をします。幹の上部の枝は短く(3芽を残す)、下枝は長めに切り詰めます。(南京桃は樹形が円すい形「いかり仕立」になるように、枝先を下に向けてありますが、剪定すれば枝は上に向かって伸びます。)

 夏までに新梢が伸びますので、ホウキ状の美しい姿にしてください。枝数が多い場合は間引きをして樹形を整え、下枝の日当たりを良くして枯れるのを防ぎます

ご注意

ベランダ等で鉢植えのまま楽しまれる場合は、剪定をしないでください。