市内の景観場所・伊丹八景 
 
 伊丹市は新たな景観行政施策の転機として、05年6月に景観に関する総合的な法律として「景観法」が創設されたことから、本市では景観法を活用した施策を展開するため、兵庫県下ではいち早く「景観行政団体」として知事の同意を受け都市景観審議会に諮問し、景観法に基づく景観計画の素案が先日発表されました。
 またこの度、 いたみアピールプラン推進協議会と市では、伊丹の魅力を再発見し、市民や来訪される皆さんにその魅力を広く知っていただくため「平成いたみ八景」の募集がありました。
 応募いただいたなかから審査委員会で32件を選考、05年9月から市役所、ホームページ、イベント会場で投票を実施し投票の結果決定されました。 

  
題名/応募者 作品 投 稿 入 選 写 真

バラは満開(荒牧バラ公園)

小出 融さん(西台5)

昆陽池公園夕景

森本 正幸さん(豊中市)

新緑の緑ヶ丘公園

森本 正幸さん(豊中市)

伊丹版「哲学の道」
昔慕の『伊丹緑道』

玉田 耕一さん(緑ヶ丘4)

文化の郷

原 好高さん(船原1)
  

伊丹・長寿蔵・夜景

秋間 勝さん(東京都渋谷区)  

朝日を浴びて(御願塚古墳

長岡 長幸さん(野間字熊野)

夜の大阪国際空港(伊丹空港)

原 好高さん(船原1)