市内の名勝景観シリーズ(1)緑ケ丘公園


  問い合せ先:伊丹市役所 072-783-1234

  公園の概要: 緑ケ丘公園は伊丹市内で最も古い公園で、公園内には松や桜に囲まれた2つの池があり落ち着いた景観を形成しています。 年間を通じて四季折々の花が、訪れる方々の心をなごませてくれます。公園内の梅林が一斉に咲き香しい梅の香につつまれる2月下旬には、すっかり恒例の行事となった観梅会が開かれ多くの人々で賑わいます。また秋の紅葉シーズンが終わると渡り鳥が飛来し冬をすごします。 園内には伊丹市の友好都市である中国広東省佛山市より伊丹市制50周年を記念して贈られた亭「賞月亭」が下池内にあります。いまでは友好のシンボルとして市民に親しまれ、また園内の憩いの場になっています。 和風伝統建築の粋をあつめた鴻臚館「伊丹市公館」も園内にあり、国内や海外から伊丹市をおとずれる賓客の接遇や館内の「梅里庵」などで開催される茶会や観梅会での野点会に利用されており、毎週火・木・土・日曜日の一般公開日には多くの方が館内から公園の景観を楽しまれています。

各地で梅だよりが聞かれる毎年2月の最終土日には園内の50種400本の梅林内で「観梅と野点の会」が伊丹市茶道協会と伊丹市が主催し開催されます。

 芦屋市在住のMATさんのホームページ(クリック)内で2004年3月に撮影された公園内の梅林パノラマ写真ならびに梅の各品種毎の紹介をされています。
  
園内梅林のパノラマ写真(クリック)

  
梅林その1(クリック)          梅林その2(クリック)


 公園の近くにお住まいの写真家「大前シゲ子」さんは10年以上も公園の写真を撮りつづけてこられました。公園の四季折々の風景やこれまで緑ケ丘公園を我が家の庭のように親しみレンズを通じてその魅力を撮りつづけてこられました。 このたびこれまでの写真をもとに「いたみホール」で5月7日〜10日、写真展を開催されました。 自費出版された写真集「公園彩時記」の紹介とともにすばらしい写真を披露していただきました。

ご本人の承諾をいただきましたので「公園彩時記」から、作品の一部をご紹介いたします。

     mid1.gif (4647 バイト) 雪の「賞月亭」 mid2.gif (4460 バイト) 陽光の中で  
      *各写真はクリックすれば拡大表示します。

     mid4.gif (5760 バイト) 鷭の親子 mid5.gif (5122 バイト) 雲に乗る賞月亭

     写真集「公園彩時記」 ISBN4―88591―599―6 C0072 \1500E 
     出版元:東方出版 (電)06-6779-9571

    著者:大前シゲ子 伊丹市緑ケ丘1−244−1−219 
    写真クラブAPO会員、伊丹美術協会員